ink blotter


万年筆やスタンプを好んでよく使います。

文字をかいてすぐにノートを閉じると、次のページにインク滲みをつくってしまいます。 できればまっさらなところに気持ちよく書きはじめたいですよね。

そんな時、インク ブロッター(吸取り器)が役立ちます。

引出し用の鋳物の取っ手があったのでそれと

木型製作で使う朴の木を使って

インク ブロッター(吸取り器)を

作ってみました。

ネジの接合部は真鍮で、市販で売っている

吸取り紙のサイズに合わせて作りました。

鋳物と木材のコンビはとても相性がいいと思っています。

いつも作っている木型は鋳物製品の原型で鋳物と組み合わせることはしないので・・・

    こうして見てみると2つの質感の対比がとても美しい。あらためて実感しました。


Recent Posts
Archive